生活のメモ

すりおろし器について
ご質問をいただきました。



おろし金は
工房アイザワのものを
使っていて、

生姜やにんにくなど
薬味をちょっとおろしたいときに
とっても便利です。
 


ステンレス製なので
丈夫で扱いやすく、

購入してから
約7年経った今も

ずっと変わらず
美しいまま

使い心地も
変わりません。




それと こちらは
最近使い始めた
竹製の鬼おろしです。


以前は
プラスチック製を
持っていたのですが

底のすべり止めが剥がれたり
ケースにヒビが入ったりして

かなり使いにくく
なってしまったので、


シンプルで
頑丈なものを探し

2ヶ月前に
この新しいおろし器を
購入しました。


こちらを使って
大根をおろすと

汁がほとんど
出ないので

最初はとても
びっくりしました。


普通の大根を
おろしただけなのに

粗くて ふんわり
歯ごたえはサクサク

しかも
辛みが少なくて
とっても食べやすい!

こんなに美味しい
大根おろしが

こんなに簡単に
できるなんて。




ピリピリしないおかげで
子どもたちも
喜んで食べてくれるので

大根おろしをつくる機会が
増えました。


これから長く
愛用できますように。


またひとつ
お気にいりの道具が増えて

うれしくて
心がルンルン

台所しごとが ますます
楽しくなっています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
クリックで 応援していただけると
うれしいです。

今日も読んでくださり
どうもありがとうございました。


 

今年もらっきょうを
漬けました。

らっきょうは
栄養が豊富らしいので、

梅雨が明けて
暑い時期が来るころ

夏バテの予防にも
なるといいな。



去年は最初
塩漬けにして

それから
一部を甘酢漬け
したのですが、

今年は 最初から甘酢に
漬けてみました。





らっきょうの甘酢漬け

【材料】

☆らっきょう 800g(下処理後の重さ)
☆赤唐辛子 2本 
★りんご酢 360g
★みりん 180g
★ハチミツ 120g
★粗塩 60g



【手順】


★を鍋に入れて火にかけ
塩とハチミツが溶けたら

火を止めて
赤とうがらしを加え、
(漬け汁完成)


らっきょうを拭いて
消毒した瓶に入れ

漬け汁が冷めてから
瓶に注ぎました。
(常温で保存) 


つけ汁が足りなくて
上のほうのらっきょうが

つけ汁に浸かって
いなかったので

「ビニール袋+水」で重石を
しました。



重石をしたことで
全部のらっきょうが

なんとか無事に
つけ汁の中に入りました。

(重石のやり方は、こちら。)
(袋の水は400MLぐらい)




2L瓶を使いました

りんご酢は1瓶ぶん




そして
もうひとつの瓶は

ハチミツとお味噌で
漬けてみました。 

こちらは
材料が少なく
とっても簡単! 


らっきょうの
ハチミツ味噌漬け 


【材料】

☆らっきょう 600g(下処理後の重さ)
★味噌 200g (自家製の米味噌を使用)
★はちみつ 200g


★をよく混ぜる。


消毒した瓶に
①とらっきょうを
入れて 冷蔵保存



1L便を使いました



甘辛のハチミツ味噌は
子どもの大好きな味で

普段から
野菜スティックや
お肉料理に
よく使っています。


だから
らっきょう漬けも

きっと美味しいはず!
とても楽しみです。

子どもも食べやすいと
良いなあ。


瓶に入らなかった
残りのらっきょうも

小さな容器に入れて
ハチミツ味噌漬けに
しました。


**


甘酢漬けは
1ヶ月後ぐらい

ハチミツ味噌漬けは
1週間後ぐらいに

味見をしてみたいと
思います。


去年の塩漬けは
半年を過ぎたあたりから

とてもマイルドになって
ますます美味しくなって
いきました。 


今年のらっきょうは
どうだろう!

らっきょうのエキスが
たっぷり溶け込んだ漬け汁も
料理に使いたいな。

とても待ち遠しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
クリックで 応援していただけると
うれしいです。

今日も読んでくださり
どうもありがとうございました。


 

まな板について
ご質問をいただきました。



まな板は 合成ゴムのものを
2枚持っています。

こちらは、

◎食洗機OK
◎熱湯消毒OK
◎汚れや臭いがつきにくい
◎キズがつきにくい
◎包丁の刄あたりが良い

という点が
とても気に入っています。



食洗機に入れることと
わが家の調理台が狭いことを
考慮して

私は このシリーズの
いちばん小さいサイズを
選びました。



おととし(2015年)に
このまな板を購入したときは

おまけで まな板けずりを
もらえたので、

まな板が黒ずんできたら
こちらを使って

たまに表面を
軽く削っています。



現在は おまけが
ちがうアイテムに
変わっているようです。




合成ゴム以外に
もう一枚

木製のまな板も
持っています。

こちらは
鎌倉で制作をされている

堀宏治さんの作品で
素材はクルミです。


(写真は、2017.1.18の記事より)


あたたかみがあって
とっても可愛いので

パンやパウンドケーキを
切り分けたら

お皿がわりに そのまんま
テーブルに出しています。


**

合成ゴムのまな板も
木製のまな板も
とてもお気にいりなので

これからも長く
大切に使っていきたいな
と思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
クリックで 応援していただけると
うれしいです。

今日も読んでくださり
どうもありがとうございました。


 

↑このページのトップヘ