生活のメモ

前回の記事
お鍋を4つ持っていると書きました。



今回はフライパンについて
書こうと思います。



フライパンはひとつだけ 持っています。
取手のとれるティファールです。

 

3年前
このティファールを買うときは

「試しにひとつ買って
あとから深型タイプも買おう」

と思っていて
積み重ね収納できるように
取手のとれるタイプにしました。
 


でも それから買い足すことはなく
フライパンはこれひとつだけ。



このティファールのフライパンは
とっても使いやすいです。



だけど そもそも
フライパンは
ひとつあれば十分でした。



フライパンで調理したあとは
必ず全部お皿にうつすし、

うちのコンロは2口なので
同時に調理できるのはふたつまで
ということを考えると、

フライパンはひとつで
事足りてしまいます。



玉子焼き用の四角いフライパンや
中華鍋やなんかも
あったら便利かもと思いますが、

玉子焼きや炒飯の調理も
このフライパンで満足しているので

フライパンはこれひとつで
今のところ何も問題ありません。
 

取手をとって解体すると
こんなにコンパクトに
収納できます。


でも
いつも解体しないで
収納しています。

そのほうが
使いたいときにすぐ使えて
便利です。



解体して
食洗機で洗うこともあります。
 
食洗機に入れると
フッ素加工がダメになるという話を
聞いたことがあるのですが
うちのは今のところ問題なしです。



まだまだ大丈夫そうだけど、
フッ素加工のフライパンは
そのうちフッ素加工が剥がれてきてしまうと
聞いたことがあります。

もしそうなったときは
本体だけを交換するつもりです。


コンロ下の収納扉の中には、
鍋が4つ、フライパンが1つ、
塩、胡椒、オイル数本。


狭い場所にたくさん収納しようとして
無理に積み重ねたり
パズルみたいにキチキチにしまうより
 
余裕のある収納が理想です。



ものを見極めて
厳選して
 
ものは少なく
空間にはゆとりを持って
暮らしていけたらいいな。




 

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
読んでくださり、ありがとうございます。






うちには鍋が4つあります。


全てジオプロダクトのもので、
使いはじめて6年ぐらい経ちます。


焦がしたり 空焚きしたり
してしまったこともありますが、


洗ったらちゃんときれいになってくれて
使用感もずっと変わりません。


とても丈夫です。


くすんできたときは
重曹で磨くとピカピカになります。


ジオのお鍋はステンレス製です。
全面7層構造で熱伝導が良く
無水調理や余熱調理に
向いているそうです。


お店で黒いルクルーゼを見ると
素敵だなぁと思うのですが、


うちには4つ以上必要がないし
ジオのお鍋に不満がないので


結局買うには至らず。


断捨離のスイッチが入ったとき

この平たい両手鍋は
出場回数が少ないから いらないかも??

と考えたこともありましたが、


魚を焼いたり おでんや水炊きには
やっぱりこのお鍋が1番良いので
手ばなせず。


結局 鍋の数は
増えることも減ることもないまま。


きっとこの先もずっと
使い慣れたこの4つのお鍋を
使っていくことになりそうです。


今日写真を撮りながら
私はこのお鍋たちが好きだなあと
改めて思いました。
これからも大切に使おうと思います。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
読んでくださり、ありがとうございます。





昨日の夜作っておいた五目豆を
朝ご飯でいただきました。



味がしみこんで ふんわり。
冷めても美味しい五目豆。



日持ちするおかずは
時間のあるときに作っておきます。



ご飯にのせたり
お弁当に入れたり
毎日少しずついただきます。




健康でいるために
笑顔でいるために
身体によい美味しい食事を
続けていけたらいいな。







**memo
かんたん常備菜レシピ
「五目豆」

1.
ハサミで切った昆布、
しいたけ、人参、ごぼう、
アク抜きした蒟蒻を
鍋に入れ、塩をふって蓋をする。

2.
10分煮る。

3.
鍋に大豆(水で戻して煮たもの)を入れ
だし(過去の記事と同じもの→)と醤油を入れ
軽くまぜる。

4.
5分煮て、ひとまわしかき混ぜ、
また5分煮る。

5.
火を止めて、蓋をしたまま味をふくませる。









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

読んでくださり
ありがとうございます。




↑このページのトップヘ