生活のメモ

 

今日の朝ごはん。





梅酢としらすのおにぎり
カブのぬか漬け
豆腐・油揚げ・カブの葉のお味噌汁


梅干しの副産物=梅酢は
ご飯や野菜にも合うけれど

魚やお肉とも
相性ばつぐんです。


関連記事 



肉じゃが
菜の花(小松菜)のごま和え
せとか




久しぶりに作った
肉じゃがは

新じゃがが ねっとり
にんじんは 甘〜くて
玉ねぎは とろとろ
 
とっても美味しく
できました。
 

じゃがいもと人参は
皮を剥いていないけれど

余熱でじっくり
やわらかくなりました。 
 

子どもたちが
何回もおかわりをしてくれて
うれしくなりました。








とっても可愛い
ブーケみたいな 
小松菜の菜の花。


菜の花のごま和えは
醤油とすり胡麻
 
それに ほんの少し
はちみつを加えています。
 



今日はポカポカ
気持ちの良いお天気で

自転車置き場の横に
咲いていたタンポポが

空に向かって
笑っているみたいでした。

まるくて可愛らしくて
春らしくて

なんだか心が
ウキウキしました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
クリックで 応援していただけると
うれしいです。

今日も読んでくださって
どうもありがとうございました。



 

このブログは、 
にほんブログ村のランキングに
参加しています。   

米麴が 少し余っていたので
甘酒をつくりました。

甘酒をつくるときは
いつも魔法瓶を使っています。


  



【甘酒のレシピ】 

材料:米麴、水


お鍋でお湯を沸かして
60〜65度ぐらいに冷ます。


そこにと同量の米麴
入れる。

同量と書きましたが
蒸発してしまうぶんも考慮し

お湯を 少し多めに
しています。

出来上がったとき、
甘酒の重量が
米麴の倍量になるように。


③ 
再び火をつけて
65度まで温度を上げる。

絶対に加熱しすぎないこと!
70度以上に加熱すると
米麴の菌が死んでしまうので
甘くなりません。


保温ポットに入れて
8時間置いたら
出来上がり。


 

お味噌作りでも愛用している
こちらの米麹を使いました。 



甘酒のレシピは
著書44ページにも
載っています。



とっても甘くて濃厚
甘酒なので

お水や豆乳で薄めて飲んでも
美味しいのですが

わが家では薄めないで
スプーンですくって

いただくことが
多いです。


とろとろで すごく甘くて
子どもたちも大好きです。


夜 魔法瓶にセットしておくと
翌朝には 出来上がっています。

このできたての
ほんのり温かい甘酒が

いちばん 最高に
とても美味しいです!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
クリックで 応援していただけると
うれしいです。

今日も読んでくださり
どうもありがとうございました。



 関連記事
*今日のおやつ【甘酒と豆乳のアイス】 



 

このブログは、 
にほんブログ村のランキングに
参加しています。   


娘が保育園で使っている
お着替え袋は 

手ぬぐいを利用して
作りました。


(こちら写真は2016.11.6のもの)

手ぬぐいは
端の処理がいらないので
縫う手間が少なく

そのぶん短時間で
作ることができます。







洗濯したときに乾きやすく
軽くて使い勝手が良いので

ひとまわり大きいサイズを
先日 追加で作りました。 




       

前回より大きな手ぬぐいで
作ったら

小学生の体操着入れにも
ちょうど良さそうなサイズに
出来上がりました。


**

【手ぬぐいバッグのつくり方】

手ぬぐいを洗って乾かす。

※水通し後のサイズは
  100cm×36cmでした。



手ぬぐいをカットする。

a(ループ) 7cm×6cm …2枚
b(持ち手) 7cm×30cm …2枚      
c(本体)86cm×36cm …1枚    




aとbにアイロンをかけて縫う。

写真はa(ループ)です。
アイロンをあてながら
ウラを内側にして折りたたみ
端を縫います。




bも同様に
アイロンをかけて縫います。




縫い目は
こんな感じです。




cをふたつ折りにして
袋になるように両端を縫う。

布のオモテを内側にします。






両端の縫い目は
こんな感じです。
 



縫いしろを割る。

アイロンをしっかりと
あてます。




底は三角に折って
アイロンをかけます。





マチを縫う。 



 

オモテから見ると
こんな感じです。  

ひも通し口を
コの字にステッチする。

上8cmあけたところ
縫い止まりの上は
返し縫いをすると安心です。





最後に袋口を縫う。 

袋口を三つ折りにして
アイロンをかけます。







ひも通し口は
こんな感じです。




b(持ち手)を織り込んで
縫います。





あとから
気がついたのですが、

三つ折りの
いちばん内側を

⑦のとき
先に折ってステッチすれば

ひも通し口がもっと
スッキリするかなと思います。





裏返してひもを通したら
完成。


ひもは こちらのミルクティ色を
使いました


 


生地を裁つところから
完成まで
合計1〜2時間でした。


息子が「僕にも色違いを作って!」
とリクエストしてくれたので

時間をみつけて
またもうひとつ作りたいなと
思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
クリックで 応援していただけると
うれしいです。

今日も読んでくださり
どうもありがとうございました。



 

このブログは、 
にほんブログ村のランキングに
参加しています。   

↑このページのトップヘ