生活のメモ

中学生の息子は、3月からずっと休校。4歳の娘も、保育園を登園自粛しています。実は私は当初、 毎日毎日子どもが家にいたら家事が大変になるのでは?ということをだいぶおそれていました。けれども この1か月子どもたちに家事を覚えてもらった結果、今はなんと私の家事の

READMORE

この冬 家族全員分ダウンジャケットを買い替えました。 これらは3着ともリユース品です。質の良いものを お得に手に入れることができました。(写真左)娘のダウンジャケット前のがサイズアウトしたため楽天で「パタゴニア  ダウン 4T」で検索し楽天市場内のリサイクルシ

READMORE

ここ数年サステイナブルという言葉をよく耳にするようになりました。sustainable=sustain(持続する)+ able(〜できる)【持続可能な】【ずっと続けていける】という意味なのだそうです。 息子の中学校にも貼られているこのポスター 国連が掲げる国際社会共通の目標この

READMORE

今日のおやつは余った大根を使って大根もちを作りました。少ない材料少ない道具少ない時間でラクに簡単にできる手づくりのおやつが私は大好きです。この記事ではわが家でよく作っている簡単なおやつのレシピを5つご紹介したいと思います。========================ひとつめ

READMORE

家族全員が1日中ほとんどずっと家の中で過ごす毎日。こんな経験は生まれて初めてです。わが家は決して広くないけれど、家具のない和室は自由に多用途に使いやすい空間。最近ここで過ごす時間がますます多くなっています。外出を控えているぶん身体がなまってしまいそうなの

READMORE

心地よい暮らし研究会の宇高有香さんにパッククッキングを教えてもらいました。災害時 もしライフラインが止まってもパック調理法を覚えておけば家にあるものを使ってあたたかい美味しいごはんをいただくことができます。やり方はシンプルで簡単。そしてすごく美味しい〜!!

READMORE

私はスマホで写真を撮るのが大好きです。 美味しそうな食べもの きれいな景色 子どもたちの日常撮るのはすごく楽しいけどでも正直なところ アルバムづくりは面倒に感じていました…だから私はアルバムづくりを思い切って 手放しました。じゃあ撮った写真をどんなふうに

READMORE

今日は春分の日。ぼた餅を作りました。市販のつぶあんと切り餅を使った時短&お手軽レシピです。【材料】・切り餅…200g(4個)・普通のごはん…200g(冷やご飯でもOK)・つぶあん、きなこ、等わが家のお米は米幟の五分づき【手順】①切り餅を水に浸して、レンジで加熱。 (

READMORE

マガジンハウス社のWEBマガジンToKoSie(トコシエ)に掲載いただきました。うちは築20年60平米の賃貸住宅です。新しいわけでもないしとくに広くもなくオシャレでもありません。 でも私はこの家がほかのどこよりも大好きです。 ここに住み始めて7年半毎日を過ごしながら 

READMORE

夜時間のあるときは15分ぐらい湯船に浸かるのが自分の理想だけれど実は私は長風呂が苦手です。 ゆっくりと湯船に浸かったほうが身体があたたまって疲れがとれるし 毛穴の汚れがとれやすく肌の調子も良くなるということは経験上分かっているのに、いざひとりで湯船に浸かっ

READMORE

大好きなミモザの季節。花屋さんの店頭にふわあっと並んでいて思わず立ち止まって見惚れてしまいました。元気いっぱいの明るい黄色。1本500円のミモザを2本購入しました。 家のベランダでユーカリの葉を摘んでミモザとユーカリのスワッグを作りました。(ユーカリの枝は花屋

READMORE

今年のひなまつりは平日だったけれど学校も仕事も休みになったので思いがけず 家族みんなでゆっくりと過ごすことができました。 お昼ごはんはちらし寿司。 椎茸と人参を煮て 鮭を焼いて酢れんこんを作って 菜の花を茹でて…せっかく時間ができたのでひとつひとつ丁寧に 作

READMORE

新型コロナウイルスの影響で私も子どもたちも家で過ごす時間が増えています。先日の連休は娘の友達&ママ友と一緒に出掛ける予定だったけれど予定を変更して わが家で一緒にお味噌づくりをしました。お味噌づくりについては今まで何度かブログに書いているけれど、今日の記

READMORE

たまひよオンラインに掲載いただきました。小学校入学前に買ったものについてのインタビュー記事です。▼参考になることがあればうれしいです。  私が子どもの入園・入学前に買ったけれど使わなかったものの第1位はお名前シール&お名前ハンコです。衣類やハンカチなどの布

READMORE

前回の記事は台所の水屋箪笥について書きました。 私は古道具が好きです。前回の記事にも書いたのですが、丈夫で長持ちで使えば使うほど味わい深く同等な素材のものを新品で購入するよりお手頃でエコロジーで本当に良いことづくし。どこかのどなたかが何十年も愛し使い続けて

READMORE

わが家は1食で5合のお米がなくなるほど子どもたちが食べ盛り。そのため 食品のストック場所が足りなくなってきて昨年から 新しい収納家具を探していたのですが、とうとう ずっと憧れていた水屋箪笥がわが家の台所にやってきました。 *水屋箪笥とは、  水屋=水を扱う

READMORE

東海ガス(TOKAI GAS)の生活情報誌『Apron(エプロン)ポッケ2020冬号』に掲載いただきました。限られたものを活用し 暮らしやすく!という 私の大好きなテーマです。 20代の頃はクローゼットに入りきらないほどたくさんの服を持っていました。けれども結局 日々着ていたの

READMORE

廊下にある無印の三連フックを約30cm 上へ移動させました。 Before(1歳)初めて設置したのは娘が1歳のとき。After(4歳)今は4歳になり あの頃よりも背がだいぶ高くなりました。フックの位置が低いままだと背が伸びたら使いにくくなるし、 掛ける上着のサイズが大きくなる

READMORE

今年もLIXILさんのインテリア新商品発売イベントに行ってきました。 (写真左から)マキさん、宇高有香さん、私、大木聖美さんといっしょにパチリ。他にも livedoor公式ブロガーのRinさん、まめ嫁さん、大塚奈緒さん、DAHLIAさんとも久しぶりにお会いできたし、ライフオーガ

READMORE

実は最近味噌汁のダシをとるのをやめました。以前は 「水出汁」がお気にいりでしたが、▼水だしのとり方今は 自家製の粉末だしをスプーンですくってぱらぱらっと お味噌汁の鍋に直接入れています。水出汁よりさらにラクちんになりました。きっかけは 味噌玉づくりで粉末出汁

READMORE

↑このページのトップヘ