息子の小学校は
算数のドリルがありません。




それなので  自宅学習用に
「教科書ドリル」を購入。



昨年度もこのシリーズを
1年間使って、

①教科書に合わせて選べる。
②1ページ10分でできる。
③難易度が高すぎない。

という3点が 良いなぁと思って
今年度も購入しました。



①教科書に合わせて選べる。 


例えば 算数なら
・東京図書版
・啓林館版
・学校図書版
・教育出版版


学校で使っている教科書に合わせて
選ぶことができるので

日々の授業に沿って
復習しやすいようです。



②1ページ10分でできる。 


1ページの目安時間が
長すぎないほうが

集中力が途切れにくく
習いごとで忙しい日も

毎日少しずつ積み重ねて
こつこつ続けやすいなと思います。


くり返し使えるように
ドリルに直接書き込まないで

ノートや裏紙などに
書いています。



③難易度が高すぎない。 


基礎的な問題が多く
算数が得意でなくても
進めやすいので

「できた!」「分かる!」
という うれしい気持ちで
勉強をしてくれたらいいな。


自分のレベルに合っていて
冊子が分厚すぎないほうが

息子にとって
あまり負担にならないようです。



答えの部分は
丸つけするとき 見やすいように
ハサミで切り取りました。

丸つけは
息子が自分でやったり

私が手伝うことも
よくあります。



昨年度の切り取った答えは
ボロボロになってしまいました。

(娘がお絵かきをしちゃいました。)



今年は きれいなうちに
Evernoteアプリに保存。

(→保存方法は、こちら。)



答えの原本は
ホッチキスでまとめて
息子が保管しています。
 




**

 
自分の子どもに勉強を教えるって
本当に難しいなって思います。

私がイライラしたら
息子もイライラしてしまうから

なるべく感情的にならないように
気をつけたいです。

息子にとって続けやすい方法を
一緒に探していけたらいいな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
 ↑ ↑ ↑
クリックで 応援していただけると
うれしいです。

今日も読んでくださり
どうもありがとうございました。