今日は子どもたちと一緒に
麦味噌豆味噌を仕込みました。

FullSizeRender

こちらの写真は

米味噌とはちがう独特の風味で
でも全然クセがなくて

子どもたちにも
1月に開催した手前味噌の会でも
好評でした。


FullSizeRender

だから今年も
昨年とほとんど同じレシピ。
 

【麦味噌の材料】//////////////////
→麦味噌が約3000gできあがります。

・麦麹 1000g
・乾燥大豆 500g
・粗塩 400g(360gと40gに分けておく)
・大豆の煮汁 400g(300〜500g位)

////////////////////////////////////////////////




FullSizeRender

この麦麹は マルカワ味噌さん
購入しました。


FullSizeRender

それと 今年は
初めて 豆味噌づくりにも挑戦。
 

【豆味噌の材料】//////////////////
→豆味噌が約2500gできあがります。

・豆麹 1000g
・乾燥大豆 500g
・粗塩 300g(270gと30gに分けておく) 

////////////////////////////////////////////////




FullSizeRender

こちらの豆麹も
マルカワ味噌さんで購入しました。
 

【味噌づくりの手順】


前日に乾燥大豆を洗って
18時間位 水にひたす。


当日 水を替えて火にかけ
アクをとりながら柔らかくなるまで
4時間以上煮る。

 
圧力鍋を使うと
煮る時間を短縮できます。
圧力鍋なら5分加圧→自然冷却でOK

 乾燥大豆500gが
 約1200gになりました。


FullSizeRender


麹と塩(分量の9割)をよく混ぜておく。

④ 
大豆をザルにあげる。
(麦味噌の場合は、煮汁をとっておく。)
大豆があたたかいうちに潰す。


FullSizeRender

 大豆をビニール袋に入れて
 みんなでフミフミして潰しました。

 あたたかくて柔らかくて
 足の裏が気持ちいい〜



③と④を合わせてよく混ぜる。
(麦味噌の場合は煮汁も入れて混ぜる。)


FullSizeRender


テニスボールぐらいのサイズに丸め
アルコール消毒をした保存容器に
ギュッギュと押し詰めていく。

間に空気が入らないように
均等に強く押し付けて詰め込む。

 上の写真は 熟成前の麦味噌です


FullSizeRender

 豆味噌は
 こんな感じになりました。


FullSizeRender


表面にカビが生えないように
塩(分量の1割)を上にまぶす。

 とくにカビの生えやすいフチには
 塩をしっかりまぶしました。


FullSizeRender

味噌の表面にラップをして
その上に重石をして

蓋をしめたら
熟成するまで常温保管する。


 私はいつも
 ビニール袋に塩(分量外)を入れて
 重石にしています。 

 重石の重さは
 味噌の量の2〜3割にしました。 
 

FullSizeRender

豆味噌はできあがるまでに
時間がかかるそうなので
2年後ぐらいに開封予定です。

麦味噌は
今年の秋にはできあがるかな。


家族みんなの手のひらの常在菌が
お味噌の中でいっぱい働いて

美味しく美味しく
熟成してくれますように。


わいわい楽しくて美味しい
手前味噌づくりを

こうやって 毎年
続けていけたらいいなあ
って思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
ブログランキング
参加しています。 
いつも応援してくださり
どうもありがとうございます。


▼米味噌など
 お味噌づくりの関連記事
続きはこちらをクリック

ブログの更新をLINEでお届けします。
ご登録していただけたら嬉しいです。
 


*ブログ村コミュ*

エキサイトさんが運営している
ものごとのランキングにも
参加することになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。 

◾️◾️ 出版のお知らせ ◾️◾️
家事をラクに 家事を楽しむ
暮らしのヒント集 
 

◾️◾️ コラボ企画 ◾️◾️
オーガニックコットンの肌着 
詳細は、こちら。