らっきょうを 約1kg 買ってきて
塩漬け甘酢漬けを仕込みました。


FullSizeRender


梅しごと
中途半端に余っていた材料を

今回すべて使い切りたいなあ
と考えて

今までのらっきょう漬けのレシピを
少しアレンジして作ってみました。


FullSizeRender

まずは【下準備】です。

ザッと水洗いをして
泥を落としたら、


FullSizeRender

薄い皮を剥いて、


FullSizeRender

キッチンばさみで 根っこと先端の部分を
チョキンと切り落としました。


キッチンバサミは包丁よりラクチン。
子どもがお手伝いするときも◎



FullSizeRender

それから もう1度水でよく洗い
清潔な布巾でらっきょうを拭いて

ザルの上で1〜2時間乾かします。
(水分が残っているとカビやすいので)

この時 らっきょうの重要は
全部で860gでした。


これで下準備は完了です。


FullSizeRender

らっきょうの塩漬け

////////////////////////////////////////////

◎材料

・下処理済みのらっきょう 430g
・粗塩 43g(らっきょうの重量の10%)


梅干しづくりで残った
粟國の塩を使いました。

////////////////////////////////////////////

◎手順

①ボウルにらっきょうと粗塩を入れて
 よく混ぜる。


FullSizeRender

②清潔なガラス容器にうつす。
 (ボウルについている塩も全部)

  塩を水やお酢に塩を溶かして
  つくっていたけれど、
  今回は「塩のみ」を使うやり方に
  チャレンジしました。

////////////////////////////////////////////


FullSizeRender

らっきょうの甘酢漬け

////////////////////////////////////////////

◎材料

・下処理済みのらっきょう 430g
・赤唐辛子 2本
・砂糖 100g
・粗塩 50g
・お酢 300g



さしす梅干しを作ったときに
残った材料を利用しました。

////////////////////////////////////////////

◎手順

①砂糖・塩・酢を鍋に入れて
 ひと煮立ちさせて
 砂糖と塩が溶けたら火を止めて
 赤唐辛子を入れて冷ます。


FullSizeRender

②清潔なガラス容器に
 らっきょうを入れて①を注ぐ。

////////////////////////////////////////////


FullSizeRender

らっきょうの塩漬けと甘酢漬けが
完成しました。

塩漬けは1ヶ月後から
甘酢漬けは1週間後から
食べられます。


以前らっきょう漬けの上に
水袋の重石をのせておいたら

においがほとんど漏れなかったので
今回も水袋をのせました。

▶︎水袋のやり方は、こちら


FullSizeRender

毎日バタバタしながらも
今年はなんとか予定どおり

・梅を7kg
・らっきょうを1kg

6月中に仕込むことができて
とてもとても嬉しいです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥
*梅干し(梅1500g)
*さしす梅干し(梅1500g×2=3000g)
*ブランデー梅酒(梅1000g)
*ウイスキー梅酒(梅500g)
*梅シロップ(梅720g+追加280g=1000g)
*らっきょう塩漬け(泥らっきょう500g)
*らっきょう甘酢漬け(泥らっきょう500g)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

かたまった時間を確保するのは
なかなか難しいけれど、

どうしてもやりたいことは
自分の予定表に書き入れて

すきま時間をみつけては
ひとつひとつ実行して

自分の時間を少しずつ
積み重ねていきたい。

時間を大切に使っていこう
と思います。


梅のパワーとらっきょうのパワーで
今年もきっと夏バテ知らず。

家族みんなで 美味しく元気に
暑い夏を乗り切れたらいいな。


【2019.7月中旬 追記】
甘酢漬け、とっても美味しくできました。
来年もこのレシピで作りたいと思います!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
ブログランキング
参加しています。 
いつも応援してくださり
どうもありがとうございます。

▼過去のらっきょう漬けレシピ
こちらをクリック
▼そのほかの関連記事
*ブログ村コミュ*

 
ブログの更新をLINEでお届けします。
ご登録していただけたら嬉しいです。  

◾️◾️ 出版のお知らせ ◾️◾️
家事をラクに 家事を楽しむ
暮らしのヒント集 
 

◾️◾️ コラボ企画 ◾️◾️
オーガニックコットンの肌着 
詳細は、こちら。