米麴が 少し余っていたので
甘酒をつくりました。

甘酒をつくるときは
いつも魔法瓶を使っています。


  



【甘酒のレシピ】 

材料:米麴、水


お鍋でお湯を沸かして
60〜65度ぐらいに冷ます。


そこにと同量の米麴
入れる。

同量と書きましたが
蒸発してしまうぶんも考慮し

お湯を 少し多めに
しています。

出来上がったとき、
甘酒の重量が
米麴の倍量になるように。


③ 
再び火をつけて
65度まで温度を上げる。

絶対に加熱しすぎないこと!
70度以上に加熱すると
米麴の菌が死んでしまうので
甘くなりません。


保温ポットに入れて
8時間置いたら
出来上がり。


 

お味噌作りでも愛用している
こちらの米麹を使いました。 



甘酒のレシピは
著書44ページにも
載っています。



とっても甘くて濃厚
甘酒なので

お水や豆乳で薄めて飲んでも
美味しいのですが

わが家では薄めないで
スプーンですくって

いただくことが
多いです。


とろとろで すごく甘くて
子どもたちも大好きです。


夜 魔法瓶にセットしておくと
翌朝には 出来上がっています。

このできたての
ほんのり温かい甘酒が

いちばん 最高に
とても美味しいです!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
クリックで 応援していただけると
うれしいです。

今日も読んでくださり
どうもありがとうございました。



 関連記事
*今日のおやつ【甘酒と豆乳のアイス】 



 

このブログは、 
にほんブログ村のランキングに
参加しています。